【相続・遺言】のお悩みは名古屋の永原法律事務所へ

サービス
アクセス
費用
お問合せ

名古屋の弁護士が運営する
相続・遺言・遺留分・終活に関する総合サイトです

相続に関わる、すべての事に対応いたします

遺産分割協議が進まない

遺産分割協議とは、誰かが亡くなった後、その人の財産(遺産)をどう分けるかを決めるために、家族や親族が一緒に話し合うことです。法律で決められた相続の割合や、故人が遺言で残した指示に従わなくても、相続人全員が納得すれば、違う方法で財産を分けることができます。

遺産分割協議とは、誰かが亡くなった後、その人の財産(遺産)をどう分けるかを決めるために、家族や親族が一緒に話し合うことです。

借金を相続したくない

誰かが亡くなった後、その人の遺産にはプラスの財産だけではなく、借金などのマイナスの財産や相続しても扱いに困る不動産等(いわゆる「負動産」)もあり得ます。その時、相続人は相続の開始があったことを知ってから3か月以内なら「相続放棄」をして相続をしない選択ができます。

誰かが亡くなった後、その人の遺産にはプラスの財産だけではなく、借金などのマイナスの財産や相続しても扱いに困る不動産等(いわゆる「負動産」)もあり得ます。その時、相続人は相続の開始があったことを知ってから3か月以内なら「相続放棄」をして相続をしない選択ができます。

遺言の書き方がわからない

まず、遺言の種類を決め、財産の具体的な内容と、それを誰に相続させるかをはっきり書く必要があります。これにより、生前の意思が尊重され、相続が争いごとになるのを防ぐことができます。

遺言を書く際は、遺産の分配だけでなく、自分の意志を明確に記録することが重要です。これにより、生前の意思が尊重され、相続が争いごとになるのを防ぐことができます。

遺留分が侵害されている

遺留分とは,一定の法定相続人について最低限保障された遺産取得分のことです。不平等な遺言や贈与等によって遺留分を侵害された兄弟姉妹以外の相続人は、侵害した人へ遺留分の請求ができます。

不平等な遺言や贈与等によって遺留分を侵害された兄弟姉妹以外の相続人は、侵害した人へ遺留分の請求ができます。

遺産の使い込みが発覚した

亡くなった方の財産管理をしていた相続人が、故人名義の預貯金を勝手に使っていたという問題は「使途不明金問題」と言われます。一部の相続人による遺産の使い込みが疑われるなら、放置せずに状況をはっきりさせることが大切です。

一部の相続人による遺産の使い込みが疑われるなら、放置せずに状況をはっきりさせることが大切です。

相続の生前対策をしたい

相続トラブルの回避や相続税の節税など将来の相続に備えて早めに対策をしておきたいものですね。また、財産の話以外に介護・葬儀・お墓等の人生の終わりを考えて(人生の棚卸)、老後である「今」をよりよく生きるための活動(終活)をすることも生前の大切な対策といえます。

財産の話以外に介護・葬儀・お墓等の人生の終わりを考えて(人生の棚卸)、老後である「今」をよりよく生きるための活動(終活)をすることも生前の大切な対策といえます。

解決事例やお客様の声をご紹介


〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅5-3-21
いとうビル3A

受付時間:平日 9:00~19:00 
土曜日 9:00~17:00
(新規受付は平日のみ)

初回相談60分無料

PAGE TOP